ニュース

オリックス、広島に連勝し交流戦勝ち越し決める 荒西プロ初勝利、中川V打

無断転載禁止
オリックス・中川圭太
2019.06.22 14:00
広島東洋カープ 2 終了 3 オリックス・バファローズ
マツダスタジアム
● 広島 2 - 3 オリックス ○
<2回戦・マツダスタジアム>

 オリックスが広島に連勝。交流戦の通算成績を9勝6敗1分けとし、残り2戦を待たず勝ち越しを決めた。

 オリックスはプロ入り2度目の先発となったドラフト3位・荒西(Honda熊本)が、広島打線相手に5回まで無失点。すると0-0の6回表、同じく新人の5番・中川が、先制となる2点適時打を左前へ運んだ。その後も相手の走塁妨害で加点。3-0とリードを広げた。

 荒西は直後の6回裏、一死二塁から2番・菊池に適時二塁打を浴び降板。それでも続くピンチを、海田、比嘉が好救援で凌いだ。1点リードの9回はディクソンが締め3セーブ目。荒西は6回途中5安打1失点の好投でプロ初勝利を手にした。

 広島も先発・アドゥワが好投するも、6回無死一塁、4番・吉田正を遊ゴロに仕留めた打球を遊撃・小園がトンネル。併殺で二死無走者のはずが無死二、三塁の大ピンチとなり、その後3点を失った。

 アドゥワは6回6安打3失点(自責点0)で3敗目(2勝)。打線は初対戦の荒西を捉えられず、中盤以降の反撃は2点止まりだった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西