ニュース

楽天・平石監督、初回の7失点に「いろいろあります」

無断転載禁止
6月22日のDeNA戦に先発し、1回途中で降板する楽天・古川=横浜スタジアム(C)Kyodo News
2019.06.22 14:00
横浜DeNAベイスターズ 9 終了 11 東北楽天ゴールデンイーグルス
横浜
● DeNA 9 - 11 楽天 ○
<2回戦・横浜>

 初回6点を挙げながら、その裏、7点を失い先発・古川、太田のバッテリーがピリッとしなかった。

 6-0の1回裏、古川は先頭の神里にいきなり二塁打を打たれると、一死後、3者連続四球で1点を返される。さらに、ロペスにフェンス直撃の2点適時二塁打を浴びると、伊藤光に四球を与え、再び満塁のピンチとなり、大和に適時打を打たれた。ここで古川はマウンドを降り、2番手・戸村がマウンドにあがった。戸村は代打・楠本を三振に仕留めたが、神里に走者一掃の3点適時二塁打で逆転を許した。

 平石監督は試合後、初回に7点を失った古川と太田のバッテリーについて「いろいろあります。古川のことも、キャッチャーのことも。ただ、彼らに成長してもらうためには、ダメなことはダメだが、それで終わらせてはいけない。今ここでは言いません」と語った。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM