ニュース

田中将大、6回2失点の粘投も6勝目ならず ヤ軍はシーソーゲーム制し8連勝

無断転載禁止
ヤンキース・田中将大
○ ヤンキース 7 - 5 アストロズ ●
<現地時間6月22日 ヤンキー・スタジアム>

 ヤンキースの田中将大投手が22日(日本時間23日)、本拠地でのアストロズ戦に先発登板。6回2失点で勝利投手の権利を持って降板したが、後続投手が打たれ白星を逃した。それでもヤンキースは、シーソーゲームを制し今季最長の8連勝。一方、敗れたアストロズは7連敗となった。

 田中は初回、二死から内野安打を許したが、4番・アルバレスを二ゴロに仕留め無失点スタート。2回は二死から四球、安打でピンチを作ったが決定打は許さなかった。3回も一死から連打を浴び得点圏に走者を背負ったが、アルバレスを左飛に仕留めたあと続くグリエルも三ゴロに退けた。

 4回は一塁・ボイドの好守にも助けられこの試合初めての3者凡退。5回は一死から2番・アルトゥーベの二塁打を許したものの、続くブレグマンを三飛、ブラントリーを右飛に仕留めゼロを刻んだ。

 すると5回裏、ヤンキースは8番・ウルシェラの6号2ランで2点を先制。勝利投手の権利を持ち6回表のマウンドに上がった田中だったが、一死一塁から6番・レディックに低めのスプリットを右翼席へ運ばれ、2-2の同点に追いつかれた。田中は6回88球、8安打1奪三振2失点で降板。同点弾を浴びたものの序盤は粘りの投球でゼロを並べ、防御率を3.21とした。

 6回裏、ヤンキースは4番・スタントンが2点適時打を左前へ運び4-2と勝ち越し。これで田中に6勝目の権利が発生したが、直後の7回表、2番手のホルダーが逆転3ランを浴び、田中の白星は消滅した。

 それでもヤンキースは7回、9番・ロマインの2号ソロで同点に追いつくと、その後、スタントンが2打席連続となる2点適時打を放ち7-5。シーソーゲームを制し、今季最長の8連勝とした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西