ニュース

ソフトバンク、故障者続出も8度目交流戦V 11勝5敗2分け、1度も負け越さず

無断転載禁止
ソフトバンク・福田秀平
2019.06.23 13:00
読売ジャイアンツ 1 終了 5 福岡ソフトバンクホークス
東京ドーム
● 巨人 1 - 5 ソフトバンク ○
<3回戦・東京ドーム>

 ソフトバンクが巨人との直接対決を制し、11勝5敗2分けで交流戦8度目となる最高勝率を決めた。

 勝った方が交流戦Vとなる大一番。ソフトバンクは初回、巨人先発の菅野から、1番・福田が先頭打者弾となる6号ソロを放ち先制。その後も一死満塁と菅野を攻め、6番・松田の適時内野安打に相手の失策が重なり、3-0とリードを広げた。なおも一死一、三塁から、7番・甲斐がセーフティースクイズを決め4点目。菅野を2回途中でノックアウトした。

 2回以降はなかなか追加点を奪えない展開が続いたが、7回にまたしても先頭の福田が、7号ソロを右翼席へ運び5点目。大一番で非凡な長打力を発揮したリードオフマンは、「打ったのはストレートです。1試合に2本なんて自分でもビックリです。欲しかった追加点が取れて良かった」とコメントした。

 援護を得た先発の和田は、初回をテンポ良く3者凡退スタート。2回以降は要所を締め、5回をソロ被弾による1失点に抑えた。6回以降は小刻みな継投で逃げ切り勝ち。和田は2年ぶりの白星となる、待望の今季初勝利(1敗)を手にした。

 ソフトバンクは交流戦前の楽天3連戦で3連敗。リーグ首位から陥落し交流戦に臨んだが、中日との最初のカードで3連勝、続く広島戦も2勝1敗で勝ち越し、交流戦5連勝スタートを切った。その後、阪神、DeNA相手に2カード連続1勝1敗1分け。ヤクルトと巨人にはそれぞれ2勝1敗と勝ち越し、セ・リーグ球団に1度も負け越すことなく2年ぶり8度目の交流戦Vを成し遂げた。

 巨人は先発の菅野が大誤算。右腕は制球に苦しみ、プロ最短となる1回0/3、4失点で降板した。打線も4番・岡本の15号ソロによる1点に終わり、逆転での交流戦最高勝率とはならなかった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西