ニュース

前田健太、7回2失点の粘投も8勝目ならず ド軍は3戦連続サヨナラで6連勝

無断転載禁止
本拠地でのロッキーズ戦に先発したドジャースの前田健太
○ ドジャース 6x - 3 ロッキーズ ●
<現地時間6月23日 ドジャー・スタジアム>

 ドジャースの前田健太投手が23日(日本時間24日)、本拠地でのロッキーズ戦に先発登板。7回2失点で8勝目の権利を持ち降板したが、救援投手が打たれ白星を逃した。それでもドジャースは、3試合連続のサヨナラ勝ち。6連勝とした。

 前田は初回、テンポ良く二死を奪うも、3番・ドールに中越えソロを浴び先制を許した。3回は二死一、二塁から、3番・マクマホンに左前適時打を浴び2失点目。序盤は打線の援護もなく苦しい投球だった。

 4回はこの試合初めて3者凡退で終えると、5回は安打と2四球で二死満塁としたが、6番・ロジャーズを左飛に仕留めピンチを脱した。6回は4球、7回は8球でいずれも3者凡退。尻上がりの投球内容で自らの役割は果たした。

 0-2で迎えた7回裏、ドジャースは一死二、三塁の好機を作ると、8番・バーンズの代打で登場したテイラーが、値千金の逆転3ランを左翼席へ運んだ。続く前田にも代打が送られ、右腕は7回86球、7安打6奪三振2四球2失点の内容で降板。テイラーの逆転弾で8勝目の権利を手にし、防御率を3.76とした。

 しかし1点リードに変った8回表、2番手・バエスが二死一塁から右翼線へ長打を浴びると、中継プレーは本塁でアウトのタイミングだったが、この回からマスクを被ったマーティンが、二塁・ヘルナンデスの本塁返球をキャッチミス。この間に同点となる一塁走者の長躯ホームインを許し、前田の白星は消えた。

 それでもドジャースは9回裏、二死一、二塁の好機を作ると、ルーキーの代打・スミスがサヨナラ弾を右中間席へ。ドジャースは3試合連続のサヨナラ勝ちで、3試合とも新人選手のサヨナラ弾で試合を決めた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西