ニュース

ソフトバンクがキューバ人のコラスと支配下選手契約

 ソフトバンクは24日、育成選手の オスカー・コラス選手(20)と支配下選手契約を締結したことを発表した。

 キューバ出身のコラスは2017年、モイネロと共にソフトバンクに加入し、当初は投手と野手で試合に出場していたが、昨年から野手に専念。今季は47試合に出場し、打率.298(179打数53安打)、9本塁打、36打点、3盗塁を記録していた。主に一塁と外野を守っており、登録は外野手。186センチ、95キロの左投げ左打ちで、背番号は「46」をつける。

 ソフトバンクは今季、川原弘之投手、周東佑京選手と支配下選手契約を締結しており、育成選手からの昇格は今季3人目となる。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西