ニュース

主力を欠いても交流戦V ソフトバンクの強さ

無断転載禁止
交流戦優勝を決め、喜ぶソフトバンクの(左から)福田、内川、和田、松田宣=東京ドーム(C)Kyodo News
 ソフトバンクが2年ぶりに交流戦を制した。

 柳田悠岐、東浜巨、交流戦中も中村晃、森唯斗、今宮健太といった主力が離脱した中でも、交流戦の優勝を飾ったソフトバンク。

 その強さについて21日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ソフトバンク戦』で解説を務めた野村弘樹氏は、「控えの選手が常に準備している。その成果が出ているのではないかと思いますね」と分析する。

 確かにこの交流戦でも、交流戦序盤は代打や守備固めでの出場が多かった福田秀平が、最後のカードとなった巨人3連戦で3本塁打を放つ活躍を見せた。野村氏は「チームカラーといったらおかしいですけど、それだけ選手が責任を持って日頃から取り組んでいるんでしょうね」と自身の見解を示した。

 また、千賀滉大、甲斐拓也など育成ドラフトで入団した選手たちが、チームの中心を担っているのもソフトバンクの特徴だ。野村氏は「育成で入団するんだったらという言い方がなくなるんだと思うんですよ。ドラフトでも育成でもスタートラインが同じなんだと思えると、窓口は広がるしチャンスが出てくると思いますね」と育成力の高さも評価していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM