ニュース

日本ハムに移籍した吉川と宇佐見の背番号が決定

無断転載禁止

プロ4年目で4度目の背番号


 日本ハムは28日、巨人とのトレードで加入した吉川光夫投手(31)と宇佐見真吾捕手(26)の背番号を発表。吉川が「56」番、宇佐見が「30」番を背負う。

 3年ぶりの復帰となる吉川は、以前の日本ハム在籍時に「34」をつけ、巨人移籍後は「21」に。そして今年からは「47」に変更となっていた。一方の宇佐見は、巨人入団から2年間は「52」、昨年は「27」、今年は「32」を背負っていたため、この4年で4度目の背番号となる。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西