ニュース

江本氏、初回に本塁打を浴びた広島バッテリーに…

無断転載禁止
広島・大瀬良大地
2019.06.29 18:00
横浜DeNAベイスターズ 2 終了 1 広島東洋カープ
横浜
○ DeNA 13 - 3 広島 ●
<10回戦・横浜>

 28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、初回にDeNA・ロペスに本塁打を浴びた広島バッテリーの配球について言及した。

 先発・大瀬良大地は初回、神里和毅を空振り三振、ソトを三ゴロと簡単に打ち取り、3番・ロペスに対しても初球外角のスライダーで空振りストライクを奪う。しかし、続く2球目のカーブが甘く入り、レフトスタンド上段に運ばれた。

 この一発に江本氏は「今のはカーブ系のボールが、ど真ん中にきたんですよね。その前に空振りしたのが外だったので、よかったんですけど、ホームランボールみたいな球を投げましたよね。一番打ちやすいカーブでしたよね。ようは配球が悪い」と指摘した。

 大瀬良は、2回と3回は無失点に抑えたが、2点リードの4回に筒香嘉智に2ランを打たれ同点とされる。3-3の5回は一死一、三塁からソトに勝ち越しの3ランを浴びると、二死二塁から宮崎に適時打を打たれたところで降板となった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM