ニュース 2019.06.28. 22:11

ソフトバンク首位キープ! 千賀がハム有原に並ぶ8勝目、直接対決制す

無断転載禁止
ソフトバンク・千賀滉大 (C)Kyodo News
2019.06.28 18:00
北海道日本ハムファイターズ 5 終了 7 福岡ソフトバンクホークス
札幌ドーム
● 日本ハム 5 - 7 ソフトバンク ○
<9回戦・札幌ドーム>

 交流戦を制したソフトバンクが、リーグ再開初戦に勝利。先発の千賀が6回1失点と粘りの投球を見せ、投げ合った日本ハム先発・有原に並ぶリーグトップの8勝目(2敗)を挙げた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 千賀と有原によるエース対決。千賀は立ち上がりから制球に苦しんだが、序盤3回までゼロを並べた。4回に2四球でピンチを招いたあと、7番・石川に同点となる中前適時打。1-1の同点に追い付かれたものの、直後の5回表、味方打線が再び1点を勝ち越した。

 千賀は5回裏にもピンチを招いたが、最後は5番・王柏融を左飛に仕留め勝利投手の権利をゲット。6回はこの試合2度目となる3者凡退で終え、計114球、4安打5奪三振4四球1失点の粘投で救援陣にあとを託した。

 打線は5回、2番・明石の適時三塁打で勝ち越し。6回以降も8番・甲斐が8号ソロ、4番・デスパイネの左前適時打などで小刻みに加点した。6点リードの9回、4番手の武田が4点を失うも、最後はモイネロが締め3セーブ目(0勝1敗)。これで交流戦8度目Vを決めた23日の巨人戦(東京ドーム)から2連勝とした。

 日本ハムは反撃及ばず、交流戦から4連敗。有原は6回6安打3失点と粘ったものの、千賀とのエース対決に敗れ4敗目(8勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西