ニュース

西武スタメン全員安打で快勝!源田4安打2打点 本田は6回無失点で3勝目

無断転載禁止
西武・本田圭佑
2019.06.29 14:00
埼玉西武ライオンズ 7 終了 0 オリックス・バファローズ
メットライフ
○ 西武 7 - 0 オリックス ●
<11回戦・メットライフ>

 西武がスタメン全員安打で快勝。投げては先発・本田が、6回2安打無失点の快投で3勝目(3敗)を挙げた。

 西武は初回、1番・秋山が右前打で出塁すると、2番・源田は右中間突破の適時三塁打を放ち先制。3番・外崎も左中間突破の適時二塁打で続き、1番からの3連打で幸先よく2点を奪った。3回は5番・森が右前適時打を放ち3点目。6回は8番・愛斗の右前適時打、9番・金子侑の1号2ランで3点を加えた。

 西武はスタメン全員安打となる計16安打。源田は適時三塁打を放ったあとも、中前打、中前打、左翼線への二塁打と4打席連続安打をマーク。本塁打が出ればサイクル安打となる第5打席は無死一、三塁の好機でニゴロに倒れたが、この間に三塁走者が生還し。この日は5打数4安打2打点の大活躍だった。

 先発の本田は5回まで1安打投球。6回は四球と安打で初めて得点圏に走者を背負ったが、一死一、二塁から2番・後藤を空振り三振、続く大城を三ゴロに仕留め得点を許さなかった。本田は2勝目を挙げた4月24日のロッテ戦(ZOZOマリン)以来となる白星。7回以降はマーティン、平井、森脇が無失点リレーで締めた。

 オリックスは投打とも振るわず連勝は5でストップ。先発の榊原は5回3失点と粘ったが、援護なく4敗目(3勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西