ニュース

巨人・陽岱鋼の2点適時打に若松氏「高度なバッティング」

無断転載禁止
巨人・陽岱鋼(C)Kyodo News
2019.06.29 18:00
東京ヤクルトスワローズ 2 終了 6 読売ジャイアンツ
秋田
● ヤクルト 2 - 6 巨人 ○
<10回戦・秋田>

 巨人の陽岱鋼が2点タイムリーを放った。

 陽岱鋼は0-0の4回一死二、三塁からヤクルトの先発・石川雅規が投じたシンカーをライト前に運ぶ2点適時打となった。

 この2点適時打に29日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた若松勉氏は「低めのボールでバットの出し方でも、ファウルになってもいいような角度なんですよ。バットの芯に当ててライト前ヒット。なかなか高度なバッティングでしたよね」と絶賛した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM