ニュース

里崎氏が感じた今年の巨人の特徴とは…

無断転載禁止
勝利し、タッチを交わす巨人ナイン=東京ドーム KyodoNews
 6日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた里崎智也氏が、今年の巨人の特徴について語った。

 里崎氏は「今年のジャイアンツは守備固めとか勝っている状況で、選手を代えていくのがアクティブで早いですよね」と野手の選手交代が早いと感じているようだ。

 「その中で、全員ではないですけど、必ず打席が回ってくるようにしてあげている感じに見えますよね。守備固めを守備固めではなく、打席にも立たせてくれる。途中から出場する選手には嬉しい采配ですよね」と里崎氏。

 この日の試合でも、5回に適時打を放った阿部慎之助の代走で出場した増田大輝が7回に打席がまわり、7回の守備から出場した重信慎之介は8回の第1打席でセンター前にヒットを放った。

 センター前ヒットを放った重信に里崎氏は「結果を出していけば、こういう役割からスタメンで出ていくこともでてくるでしょうね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM