ニュース

オリックスがソフトBの10連勝阻止! 福田同点打&マレーロV打で大逆転勝ち

無断転載禁止
オリックス・福田周平
2019.07.07 13:00
オリックス・バファローズ 5 終了 2 福岡ソフトバンクホークス
京セラD大阪
○ オリックス 5 - 2 ソフトバンク ●
<15回戦・京セラD大阪>

 オリックスが鮮やかな逆転勝ちで連敗を2でストップ。逃げ切り失敗のソフトバンクは8年ぶりの10連勝とはならなかった。

 オリックスはソフトバンク先発・松本に苦戦。7回まで2安打無失点に封じられた。それでも2点を追う8回、二死から代打・後藤の四球、9番・宗の右翼線二塁打で松本をマウンドから降ろすと、代わった嘉弥真から1番・福田が、同点となる2点適時打を中前へ運んだ。

 さらに相手3番手・椎野から2番・大城の左前打、3番・吉田正の四球で二死満塁とし、4番・マレーロが逆転となる3点適時二塁打を中堅後方へ運んだ。

 オリックスは二死走者なしから一挙5得点。投げては先発・竹安が、勝利とはならずも7回2失点の粘投。8回を抑えた2番手・近藤が3勝目(4敗)を手にし、3点リードの9回を締めたディクソンは5セーブ目(1勝0敗)をマークした。

 ソフトバンクは松本が8回途中2失点と好投するも逃げ切りに失敗。同点打を許した2番手・嘉弥真が2敗目(0勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西