ニュース

井端氏がみた巨人・大城の打撃力

 巨人の大城卓三が8日の阪神戦、本塁打を含む2安打2打点の活躍を見せた。

 『5番・一塁』で先発出場した大城は、初回二死一、二塁で迎えた第1打席、阪神の先発・西勇輝が投じたストレートをセンター前に弾き返す適時打。2-2で迎えた6回の第3打席はライトへ第4号ソロを放った。

 大城は捕手登録ながら、打撃力を買われメルセデスが先発する日以外は、ここのところ捕手ではなく一塁で先発出場する機会が多い。

 2日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-中日戦』で解説を務めた井端弘和氏は大城の打撃について「昨年はストレートにだいぶ苦労したと思うんですけど、その辺がだいぶ改善された。十分期待に応えていると思います」と評価し、「いいところで打つということに集中して、クリアしたときに初めてホームラン、プラスアルファで考えていけばいいかなと思います」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM