ニュース

全パ3年越しのオールスター5連勝! 2ラン含む3打点の西武・森が2年連続MVP

無断転載禁止
先制2ランを放ち、レアード(左)に迎えられる全パの森友哉
2019.07.12 19:00
オールセントラル 3 終了 6 オールパシフィック
東京ドーム
● 全セ 3 - 6 全パ ○
<第1戦 東京ドーム>

 投打が噛み合った全パが、「マイナビオールスターゲーム2019」の第1戦に勝利。全パは2017年の第1戦から5連勝とした。MVPは先制2ランを含む3打点をマークした西武の森友哉捕手。森は2018年の第1戦(京セラD大阪)に続き、2年連続のMVP受賞となった。

 全パは2回、二死から6番・レアード(ロッテ)が遊撃への内野安打で出塁すると、続く7番・森が右翼バルコニー席へ叩き込む特大2ランを放ち先制した。6回は3番・浅村(楽天)、4番・山川(西武)が連続ソロを放ち4-1。9回は途中出場・松田(ソフトバンク)の二塁打などで無死二、三塁の好機を作り、森の3打点目となるニゴロ、8番・荻野(ロッテ)の左前適時打で2点を加えた。

 投げては先発の千賀(ソフトバンク)が2回無失点スタート。4回に2番手・有原(日本ハム)が失点絡みで1失点、9回は山本(オリックス)が2ラン被弾で2点を失ったが、全セの反撃を3点に抑えた。

 前セは4回、5番・筒香(DeNA)の適時内野安打で1点、9回は代打・原口(阪神)の2ランで加点するも反撃はここまで。投手陣は先発の大瀬良(広島)が先制2ラン、3番手・山口(巨人)は連続ソロを浴びるなど、計6点を失った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西