ニュース

日本ハムが首位ソフトバンクに快勝 初回4得点、5投手で鷹打線を1点に封じる

無断転載禁止
日本ハム・堀瑞輝
2019.07.15 18:00
福岡ソフトバンクホークス 1 終了 5 北海道日本ハムファイターズ
ヤフオクドーム
● ソフトバンク 1 - 5 日本ハム ○
<12回戦・ヤフオクドーム>

 初回に4点を奪った日本ハムが後半戦白星スタート。首位・ソフトバンクとのゲーム差を6に縮めた。

 日本ハムは初回、1番・西川、2番・杉谷の連打で一、三塁の好機を作ると、3番・近藤が左前適時打を放ち先制。一死一、二塁となり5番・渡辺の中前適時打で2点目を奪うと、6番・田中も左翼への2点適時三塁打で続き4-0とリードを広げた。5回は8番・石井の右前適時打で5点目。ソフトバンク先発・大竹をノックアウトした。

 援護を受けた“ショートスターター”の堀は、初回からソフトバンク打線を翻弄。2回は先頭のデスパイネに初被安打となる中前打を許したが、6番・松田を遊ゴロ併殺に仕留めるなど、3回を打者9人でキッチリと終えた。

 4回からはロドリゲスが3イニングを1失点で凌ぎ、4点リードの7回以降は石川、宮西、秋吉がそれぞれ1イニングを無失点。白星はロドリゲスにつき、今季4勝目(2敗1セーブ)をマークした。

 ソフトバンクは大竹が5回途中5失点で3敗目(5勝)。打線は日本ハム投手陣に4安打に封じられ、前半最後の西武戦から2連敗となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西