ニュース

真中氏、勝利の首位・巨人に「原監督が思い描いていることが…」

無断転載禁止
巨人・原辰徳監督
2019.07.16 18:00
東京ヤクルトスワローズ 3 終了 6 読売ジャイアンツ
神宮
● ヤクルト 3 - 6 巨人 ○
<13回戦・神宮>

 巨人がヤクルトに6-3で勝利し、両リーグ最速で50勝に到達した。

 巨人は初回、4番・岡本和真の第16号2ランで先制すると、2回には山口俊のスクイズで追加点をあげる。3回に先発・山口俊が3点を失い同点とされたが、直後の4回に亀井義行の適時打で勝ち越し。7回に亀井の第9号ソロ、8回に小林の適時打でリードを広げた。

 投手陣も山口俊が6回2/3を3失点に抑えると、その後は田口麗斗、マシソン、中川皓太の継投で逃げ切った。

 16日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた真中満氏は「山口のスクイズ、ビヤヌエバの打席の途中に重信に代えて、エンドランで走者を進め、小林のタイムリー。原監督が思い描いていることが、ピッタリとハマるような試合でしたね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM