ニュース

フレッシュ球宴優秀選手賞のロッテ・中村稔「チャンスを掴めるようにしていきたい」

無断転載禁止
ロッテのドラフト5位ルーキー・中村稔弥【撮影日=2019年2月7日】

フレッシュ球宴で優秀選手賞


 「自分のピッチングができたと思います」。

 7月11日に行われた『プロ野球フレッシュオールスターゲーム2019』に、イースタン選抜の6番手としてマウンドに上がったロッテ・中村稔弥は、先頭打者本塁打を含む2本の安打を放っていた小園海斗(広島)を空振り三振に仕留めると、続く小幡竜平(阪神)も空振り三振、最後も根尾昂(中日)を空振り三振に打ち取った。1イニングをパーフェクト、3奪三振に抑え、優秀選手賞に選ばれた。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター フレッシュオールスターゲーム イースタン・リーグ選抜-ウエスタン・リーグ選抜』で解説を務めた野村弘樹氏は、「大きなカーブは、特徴がありますよね」と高く評価した。

 中村稔は「カーブはプロに入って良くなったボールです。うまく緩急が使えて投げられているので良いと思います」と自己分析。

 「腕を振らないと変化球もダメだと思います。カーブもしっかり腕を振って、回転数をあげるイメージで投げています」とカーブを投げるときの意識を教えてくれた。

チャンスで結果を残すために…


 フレッシュオールスターで優秀選手賞に輝いた中村稔が、目指す舞台は一軍のマウンド。オールスター前の9連戦では、同じサウスポーの土肥星也、同級生の小島和哉、ファームでキャッチボールパートナーだった佐々木千隼が一軍の先発に上がり、土肥と佐々木は今季初勝利をあげた。

 彼らに続き、一軍で勝利を挙げたい気持ちは当然ある。「自分も一軍で良いピッチングをして、勝ちにつなげられるようなピッチングをしたいと思います」と決意を述べた。

 課題に挙げていた走者を出してからの投球についても「二軍の試合で課題に取り組んでやれています」と話し、「チャンスをもらえるときがあれば、そこでしっかり結果を残せるように頑張っていきたい」といつ一軍に呼ばれてもいいように、ファームで過ごしている。

 昨年はフレッシュオールスターで活躍した岩下大輝、種市篤暉が、オールスター明けに一軍のマウンドに上がり、岩下がプロ初勝利、種市は7試合の登板を経験した。

 「1回もらったチャンスで掴んだからこそ、チャンスをもらえていると思います。次のチャンスに向けて、しっかりとチャンスをつかめるようにしていきたいです」。中村稔は、一軍で登板することはもちろんのこと、結果を残しローテーションで投げることを頭に描いている。

取材・文=岩下雄太
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西