ニュース

西武が中村の通算400号弾でサヨナラ勝ち!さらなる高みへ「まだ400」

無断転載禁止
西武・中村剛也
2019.07.20 17:00
埼玉西武ライオンズ 1 終了 3 オリックス・バファローズ
メットライフ

起死回生の3ラン


 西武が延長11回に中村剛也選手の今季第15号となる史上20人目の通算400本塁打でサヨナラ勝ちを収め、3連勝を飾った。

 西武は初回、先発の高橋光成が3本のヒットで早々に先制を許すも、後続を併殺に仕留めてピンチを切り抜ける。降板後、「いいリズムで投げることができなかった」と振り返ったように、毎回のように走者を許す苦しい展開となり、6回途中二死2・3塁という場面で降板したが、粘り強いピッチングでしっかりと試合を作った。

 その後、2番手としてマウンドに上がった武隈翔太が四球と適時打を許して0-4とリードを広げられたが、7回に二死1・3塁から金子侑司の二ゴロが二塁手・福田の失策を誘発。山本から1点を奪うと、9回一死1・2塁で打席に入った金子侑が、オリックスの守護神・ディクソンの投じたストレートを右翼席に運んで、試合を振り出しに戻した。

 すると延長11回表、二死一塁から代打で登場したオリックスの中川圭太が左翼フェンス直撃の一打を放つが、辻監督も称えた左翼手・金子侑の素早い捕球からの送球と、遊撃手・源田の状況を冷静に判断し送った正確なボールが捕手・森友哉のミットに収まり、一気にホームを狙った福田は走塁死となった。


待ちに待った400号


 そして迎えた11回裏、オリックスの5番手・増井浩俊が先頭の森を三振に斬ってとるも、その前から良い形で打てていた振り返った中村が、「自分のバッティングをしよう」と高めのボールを振り抜くと、打った瞬間にそれとわかる打球がライオンズファンの待ち受ける左翼席に突き刺さった。

 試合後、中村は「最高の場面で打ててうれしいし、その前に金子の3ランや中継プレーがあったので、本当に良かった」「金子が打っていなかったら、この本塁打はなかった」とチームメイトに感謝し、「今年はじまって一番の目標でしたし、はやく達成したい記録だった」と通算400号を喜んだ。

 また、「ホームランとは?」という問いに対しては、「僕の中では野球の醍醐味。僕はずっとホームランを打ちたいと思っていたので、そういうもの」とコメント。400号という数字に関しては「まだ400(笑)」と不敵な笑みを見せた“ホームランアーチスト”の表情からも、400という偉大な数字に満足している様子は、まだまだうかがえなかった。

 どんな高みにたどり着くのか、これからの活躍を“まだまだ”楽しみにしていきたい。

▼ 歴代本塁打トップ20
868本:王 貞治
657本:野村克也
567本:門田博光
536本:山本浩二
525本:清原和博

510本:落合博満
504本:張本 勲
504本:衣笠祥雄
486本:大杉勝男
476本:金本知憲

474本:田淵幸一
465本:土井正博
464本:ローズ
444本:長嶋茂雄
437本:秋山幸二

413本:小久保裕紀
404本:中村紀洋
403本:山崎武司
402本:阿部慎之助
400本:中村剛也 NEW!

▼ 中村の年度別本塁打数
☆=本塁打王
04年: 2本
05年:22本
06年: 9本
07年: 7本
08年:46本 ☆
09年:48本 ☆
10年:25本
11年:48本 ☆
12年:27本 ☆
13年: 4本
14年:34本 ☆
15年:37本 ☆
16年:21本
17年:27本
18年:28本
19年:15本
―――
通算:400本

文=平野由倫
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西