ニュース

広島、主力が活躍 横山氏「打つべき選手が打つと勝ちますよね」

無断転載禁止
広島・菊池涼介
2019.07.19 18:00
広島東洋カープ 7 終了 6 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム
○ 広島 7 - 6 巨人 ●
<12回戦・マツダ>

 広島の主力が、大逆転勝利に導いた。

 試合前まで7月は、リーグ最下位のチーム打率.206、リーグ5位の31得点と苦しんでいたが、この日は打線が奮起した。0-5の4回、4番・鈴木誠也の適時打で1点を返すと、5回に1番・西川龍馬の適時打、6回に安部友裕の第4号ソロ、7回に菊池涼介の適時三塁打で1点差に迫った。

 8回に1点を失ったがその裏、松山竜平の適時二塁打、會澤翼の2ランで逆転に成功した。

 RCCラジオの制作でニッポン放送でも放送された広島-巨人戦で解説を務めた横山竜士氏は、広島の打線について「安部がいいところでホームランもありましたし、会沢、菊池、松山と打つべき選手が打つと勝ちますよね」とコメント。

 「常にゲームに出ている主力選手が数字をあげていかないと、繋がらないと思いますね。そういう意味では、今日は本当に打つべき選手が打ったという試合になりましたね」と振り返った。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM