ニュース

安仁屋氏、広島・菊池保の直球を評価

無断転載禁止
広島・菊池保則
2019.07.20 18:00
広島東洋カープ 4 終了 2 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム
○ 広島 4 - 2 巨人 ●
<13回戦・マツダ>

 広島の菊池保則が連日の好リリーフを見せた。

 2点ビハインドの6回からマウンド上がった菊池保は、先頭の今村信貴を遊ゴロに仕留めると、続く亀井善行を変化球で空振り三振、最後は坂本勇人を146キロのストレートで見逃し三振に仕留めた。2イニング目となった7回は、走者を出したが無失点に抑えた。

 RCCラジオの制作でニッポン放送で放送された広島-巨人戦で解説を務めた安仁屋宗八氏は、菊池保のストレートに「スピードガンでは145ですけど、バッターはもっと速く感じているんじゃないですかね。亀井にしても、全くストレートにタイミングが合いませんでしたからね」と話した。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM