ニュース

ロッテ初回7得点で連敗を4で止める 日本ハムの連勝は5でストップ

無断転載禁止
ロッテのレアード
2019.07.21 14:00
北海道日本ハムファイターズ 4 終了 9 千葉ロッテマリーンズ
札幌ドーム
● 日本ハム 4 - 9 ロッテ ○
<17回戦・札幌ドーム>

 ロッテが初回から打者一巡の猛攻を見せ連敗を4でストップ。日本ハムは先発・堀がいきなり7点を失い、連勝は5で止まった。

 ロッテは初回、1番・荻野の左前打、3番・鈴木のバント安打などで無死満塁の好機を作ると、4番・レアードが右前への2点適時打を放ち先制。さらに6番・清田の中前適時打、8番・田村の中犠飛で4-0とし、9番・三家のプロ初アーチとなる1号3ランで一挙7点のビッグイニングとした。

 4回は鈴木の左犠飛で8点目。7回は田村の適時二塁打でダメ押しとなる9点目を加えた。先発の種市は打線の大量援護を受け、5回102球、4安打8奪三振2失点の力投で5勝目(1敗)。ロッテは札幌ドームでの連敗も10で止めた。

 5連勝と勢いに乗る日本ハムだったが、このところ「ショートスターター」として機能していた堀が誤算。左腕は3回1/3、5安打3四球8失点の内容で2敗目(1敗1セーブ)を喫した。打線は9番・清宮の右前適時打、4番・中田の21号ソロなど小刻みに反撃したが、初回の7失点があまりにも重すぎた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西