ニュース

若松氏、中日・平田の5回の併殺打に「狙い球を最後まで…」

無断転載禁止
中日・平田良介(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.07.21 18:00
横浜DeNAベイスターズ 5 終了 4 中日ドラゴンズ
横浜
○ DeNA 5 - 4 中日 ●
<13回戦・横浜>

 21日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-中日戦』で解説を務めた若松勉氏は、中日・平田良介の5回の併殺打について語った。

 中日は0-5の5回、堂上直倫、井領雅貴の適時打で2点を返す。なお一死一、三塁で平田に打席が回ってきた。平田は、DeNAの先発・大貫晋一の前に簡単に追い込まれ、5球目の外角ストレートを見送りボール。

 ここで若松氏は「この打席に関しては、平田は全然狙い球が絞れていない。(狙いとは)逆、逆に放られていますよ。今なんかでも、際どいコースではないです。一死ですから、外野フライで良いという感じでバットを振ればいいんですけどね。大きいのを狙っているような気がしますね」とコメント。

 結局、平田は9球目のストレートを二ゴロダブルプレーに倒れた。この打席後、若松氏は「狙い球を最後まで絞りきれなかったですね。逆、逆という感じできて、最後もいい当たりをしましたけどもど真ん中でした」と解説した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM