ニュース

巨人・鍵谷の投球に田尾氏「内容がちょっと…」

無断転載禁止
巨人・鍵谷(C)Kyodo News
2019.07.25 18:00
読売ジャイアンツ 1 終了 8 東京ヤクルトスワローズ
岐阜
● 巨人 1 - 8 ヤクルト ○
<17回戦・岐阜>

 巨人の鍵谷陽平が、5回から登板し1イニングを投げて1失点だった。

 1-5の5回からマウンドに上がった鍵谷は、この回先頭のバレンティンにレフトスタンド上段に被弾。村上宗隆、中村悠平に連続四球、一死後、広岡大志にも四球とピリッとしない。なんとか続く山田大樹を二併打で1失点に抑えたが、苦しい投球内容となった。

 25日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた田尾安志氏は「ピッチングの内容がちょっと辛いですよね。2番手の高木が球数少なくアウトを取れていたんですけど、鍵谷の場合は球数が多いし、四球も与えている。安定しないですね。なかなかスッとバッターを追い込めない。いつもピッチャー不利なカウントにしてしまっている」と苦言を呈した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM