ニュース

里崎氏、阪神・ソラーテの一発に「これでチームの一員になった」

無断転載禁止
7回阪神2死一塁、ソラーテが左越えに来日1号となる勝ち越し2ランを放つ=東京ドーム(C)Kyodo News
2019.07.26 18:00
読売ジャイアンツ 2 終了 4 阪神タイガース
東京ドーム
● 巨人 2 - 4 阪神 ○
<14回戦・東京ドーム>

 阪神の新外国人・ソラーテが大仕事をやってのけた。

 『2番・遊撃』で先発出場したソラーテは、2-2で迎えた7回二死一塁の第4打席、巨人の2番手・田口麗斗が投じた真ん中のスライダーをフルスイング。打球はタイガースファンの待つレフトスタンド上段に突き刺さった。この本塁打が来日初安打にもなった。

 この本塁打に『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた里崎智也氏は「打った瞬間でしたね。真ん中近辺にスライダーが甘く入ってきましたけど、振り抜きましたね。これでチームの一員になりましたね」と話した。

 守備では3回一死一塁から、坂本勇人が放った三遊間のゴロをスライディングキャッチし、そのまま二塁へ送球。二塁の糸原健斗が捕球ミスでアウトにならなかったが、素晴らしい守備を見せた。里崎氏はこの守備に「今の守備力を見ると、結構いけるんじゃないかという感じになりますよね」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM