ニュース

菊池雄星、7回途中2失点も5勝目ならず マリナーズはサヨナラ勝ちで3連勝

無断転載禁止
本拠地でのタイガース戦に先発したマリナーズの菊池雄星
○ マリナーズ 3x - 2 タイガース ●
<現地時間7月26日 Tモバイル・パーク>

 マリナーズの菊池雄星投手が26日(日本時間27日)、本拠地でのタイガース戦に先発登板。7回途中2失点と力投したが5勝目とはならなかった。チームは9回裏にサヨナラ勝ち。連勝を3に伸ばした。

 菊池は初回、テンポ良く3者凡退スタート。しかし2回、一死から5番・ディクソンに甘く入ったカーブを左翼席へ運ばれると、3回は先頭の8番・ヒックスに、アウトコースの真っ直ぐをライナーで右翼席へ運ばれた。

 ソロ弾2発で2点を失ったものの、4回は幸運な併殺もあり結果3人斬り。5回は先頭からの連打で無死一、二塁とし、またもヒックスに痛烈な打球を浴びたが、これは中堅手正面のライナー。二塁走者が飛び出しておりまたも併殺でアウトを重ね、この回は3安打を許しながらも無失点で切り抜けた。

 5回まで63球の左腕は、6回も8球で三者凡退。7回は5番・ディクソン、続くカンデラリオを連続三振に仕留めたが、二死から7番・グッドラムに左中間への二塁打を許し降板となった。菊池は6回2/3で85球を投じ、7安打4奪三振2失点。無四死球でテンポ良くアウトを重ね、防御率を5.21とした。

 マリナーズは菊池降板後の7回裏、5番・マーフィーが10号2ランを放ち2-2の同点。9回裏は1番・スミスがサヨナラ打を放ち3連勝とした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西