ニュース

川相氏は広島・小園をどう見た?

無断転載禁止
広島・小園海斗(C)Kyodo News
 28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』で解説を務めた川相昌弘氏が、広島のドラフト1位ルーキー・小園海斗について語った。

 『8番・ショート』でスタメン出場した小園は、3回の第2打席、ライトへ2ランを放つと、7回の第3打席はセンター前ヒット、8回の第4打席にはあわやホームランかというライトフェンス直撃の二塁打で猛打賞を達成した。

 川相氏は小園の打撃に「見ていたら迷いなく、甘いボールがきたら行くんだという姿勢が見えます。特に打ったのは変化球ばかりだったと思うんですけど、変化球に対しての対応が非常にいい」と分析。

 守備でも3回に奥村が放った三遊間への高いバウンドの打球を処理し、一塁へ送球しアウトにした。川相氏は「ボールを捕ってからのスローイングが素晴らしかったです。強肩ですね」と評価した。

 川相氏は「高校出の1年生ですよね。僕が入団したときの高校出の1年目のことを考えると、一軍でスタメンで出てプレーしているというのは、レベルが違いますし、大したもんだなと思います」と絶賛していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM