ニュース

広島連勝ストップも山本昌氏「9連勝中のチームだなと思いました」

無断転載禁止
広島の緒方孝市監督
○ 巨人 8 - 5 広島 ●
<15回戦・東京ドーム>

 広島は連勝が9でストップしたが、終盤に追い上げを見せた。

 広島は1-7の8回、この回先頭の西川龍馬が第4号ソロを放つと、一死後、バティスタの二塁打、鈴木誠也の死球で好機を作る。ここで打席には松山竜平。松山は巨人の先発・山口俊が投じたフォークをライトスタンドへ放り込んだ。

 これで2点差に迫ったが、その裏、4番手・島内が重信慎之介の犠飛で1点を失う。5-8の9回、二死走者なしから西川の二塁打でチャンスメイクしたが、菊池が空振り三振に倒れ試合終了となった。

 30日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた山本昌氏は、広島は敗れたが「さすが9連勝中のチームだなと思いましたね」と振り返り、「カープの上位打線のバットのスイングを見ると、連勝中のチームでバットが振れているなという感じがしました。特に西川選手。4安打ですから素晴らしいスイングをしていました」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM