ニュース

江本氏、巨人・高橋の投球に「内容が悪かった」

無断転載禁止
1回、広島・菊池涼(右)に2者連続本塁打を浴びた巨人・高橋=東京ドーム(C)Kyodo News
2019.07.31 18:00
読売ジャイアンツ 2 終了 3 広島東洋カープ
東京ドーム
● 巨人 2 - 3 広島 ○
<16回戦・東京ドーム>

 巨人の先発・高橋優貴は、2回1/3を投げ3失点で4敗目を喫した。

 先発の高橋は初回、いきなり先頭の西川龍馬、続く菊池涼介に連続被弾。2回は三者凡退に抑えたが、3回は一死走者なしから連続四球でピンチを招く。高橋は続く鈴木に適時打を打たれ、ここで降板となった。

 31日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、高橋の投球について「内容が悪かったですよね。あとは3点で終わったんですけど、最初に2発いかれたら、ジョンソンが相手だしね。内容的にはちょっとしんどいかなと」とコメント。

 「もうちょっと練習して、コントロールを磨かないとね。まっすぐがえいやですよ。えいやじゃだめですよ。どうしたって届かないところにきっちり投げて、バッターを追い込む。基本的なピッチングのところで甘かったですよね。」と課題点を挙げていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM