ニュース

野村弘樹氏、中日・京田のスクイズに「さすがでしたね」

無断転載禁止
9回中日1死三塁、京田が一前にスクイズを決める=神宮(C)Kyodo News
2019.08.02 18:00
東京ヤクルトスワローズ 4 終了 5 中日ドラゴンズ
神宮
● ヤクルト 4 - 5 中日 ○
<15回戦・神宮>

 9回に京田陽太が決勝のスクイズを決めた。

 4-4の9回、先頭の阿部寿樹がライト前ヒットで出塁すると、続く代打・亀沢恭平の打席中に、投手・マクガフの一塁牽制が悪送球なり二塁へ進塁。亀沢がきっちり送って阿部を三塁へ進める。ここで打席には、前の打席安打を放った京田。京田は、1ストライクからマクガフが投じた2球目のストレートをスクイズ。スタートを切っていた三塁走者の阿部が決勝のホームを踏んだ。

 このスクイズに『ニッポン放送ショウアップナイターハイライト ヤクルト-中日戦』で解説を務めた野村弘樹氏は「さすがでしたね。ヤクルトも抑えピッチャーがでてきているので、そうそうヒットは続かないですからね。これができるのは、エラーが1つ絡んでいるというところですね」と分析。

 三塁走者・阿部のスタートも「いいスタートを切っていましたね」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM