ニュース

野村弘樹氏、中日・岡田を評価「抑えとして信用できる」

無断転載禁止
中日・岡田俊哉(C)Kyodo News
 中日の岡田俊哉が2日のヤクルト戦、1点リードの9回から登板し1イニングを無失点に抑え4セーブ目を挙げた。

 中日は4-4の9回、京田陽太のスクイズで勝ち越しに成功し、その裏のマウンドには抑えの岡田が上がる。1番から始まる打順も、代打・荒木貴裕を遊ゴロ、続く上田剛史を投ゴロ、最後は山田哲人を右飛に仕留め、試合を締めた。

 2日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイターハイライト ヤクルト-中日戦』で解説を務めた野村弘樹氏は、岡田について「甲子園でソラーテにサヨナラ弾を浴びましたけど、抑え経験が少ないなかでよくやっていると思いますね。コントロールがいいピッチャー。抑えとして信用できると思いますね」と評価。

 また、野村氏は上田に対し2ボール1ストライクから4球目外角のスライダーで見逃しストライクを奪った場面については、「2ボール1ストライクで必ずストライクを取らなければいけないというところで、きっちりスライダーをアウトコースに決められるコントロール、技術ですよね」と絶賛した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM