ニュース

首位・巨人、苦しい先発事情 選手はピンチをチャンスに変えられるか!?

無断転載禁止
1回、広島・菊池涼(右)に2者連続本塁打を浴びた巨人・高橋=東京ドーム(C)Kyodo News
 首位を走る巨人だが、先発の台所事情が苦しくなっている。

 先週の広島、DeNAとの6連戦は、1勝5敗と負け越し。オールスター前まで2位・阪神、DeNAとのゲーム差は9.5だったが、気がつけば2位・DeNAとのゲーム差は0.5に縮められた。

 ここへきて、山口俊、炭谷銀仁朗が故障で離脱。エース・菅野智之が開幕から状態がいまひとつ上がってこないなか、11勝2敗、防御率2.55と一人で貯金を9つ作るなどエース級の働きを見せた山口俊の離脱は痛い。

 1日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた井端弘和氏は先発陣について「ひとりで貯金10近くしているピッチャーがいないとなると、菅野投手に頑張ってもらうしかない。3連戦の頭に投げているピッチャーなので、そこで勝つことによって3連敗を逃れられるというのも多少あると思う。勝ち越しも見えてくる」とエースの復調が重要になってくると話す。

 山口の離脱はチームにとって痛いが、選手目線で見ればチャンス。井端氏も「なんとか代わりになるピッチャーが1人でも多く出てもらいたいと思います。そこで勝つことによって層が厚くなると思いますので、誰かがやってくれるんじゃないかなと思っています。俺だと思ってマウンドにあがってもらいたいなと思います」と奮起を促した。

 巨人は今日から9連戦がスタートする。今夜の中日戦は、野上亮磨が今季初先発。ここで先発のチャンスを掴むことができるか注目だ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM