ニュース

巨人・野上、4回2失点で降板 仁村氏「最近の中では…」

無断転載禁止
巨人の野上亮磨(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.08.06 18:00
中日ドラゴンズ 6 終了 0 読売ジャイアンツ
ナゴヤドーム
○ 中日 6 - 0 巨人 ●
<15回戦・ナゴヤドーム>

 今季初先発となった巨人の野上亮磨は、4回2失点でマウンドを降りた。

 野上は2回、福田永将にソロを浴び先制を許すと、4回一死一塁から福田に左中間を破られる適時二塁打を打たれた。5回に打席が回ってきたところで、山本泰寛に代打が送られ、4回で降板となった。

 東海ラジオの制作で、ニッポン放送ショウアップナイターでも放送された中日-巨人戦で解説を務めた仁村徹氏は、野上の投球に「彼にしては合格点なんでしょうね」とコメント。

 「もう少し良い時は緩いカーブをどんどん放ってカウントを整えて、左はツーシーム、中にインサイドのカットボールとかね。外スライダーも使いますし、良い時は良いんですけど、今日なんか見ていると彼本来の良いときに程遠かった。それでも、最近の中では良いピッチングでしたね」と振り返った。

(提供:東海ラジオ ガッツナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM