ニュース

仁村氏が語る中日・福が安定しているワケ

無断転載禁止
中日・福敬登(C)Kyodo News
 東海ラジオの制作で、ニッポン放送ショウアップナイターでも放送された中日-巨人戦で解説を務めた仁村徹氏が5日、中日・福敬登が安定している理由について語った。

 福は今季すでに、シーズン自己最多の30試合に登板。防御率は1.32と抜群の安定感を誇る。この日は3点リードの8回からマウンドに上がった福は、先頭の坂本勇人を三ゴロに仕留めると、続く丸佳浩も遊ゴロ、最後は岡本和真を空振り三振に仕留めた。

 仁村氏は福が安定した投球を続けている理由について「クロスにしてボールのかかりが良くなりましたよね。スライダーも見ていただくとわかるんですけど、曲がりが大きくなりましたよね。クロスなので右打者が見えにくいんですよね。インサイドに曲がってくるスライダーと、外のストレート。外のストレートは、遠く見えるんですよね」と説明した。

(提供:東海ラジオ ガッツナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM