ニュース

中日・アルモンテの守備に井上氏「満塁ということを考えれば…」

無断転載禁止
中日のアルモンテ
2019.08.07 18:00
中日ドラゴンズ 3 終了 9 読売ジャイアンツ
ナゴヤドーム
● 中日 3 - 9 巨人 ○
<15回戦・ナゴヤドーム>

 東海ラジオの制作で、ニッポン放送ショウアップナイターでも放送された中日-巨人戦で解説を務めた井上一樹氏が7日、7回の中日・アルモンテの守備について語った。

 3-5の7回二死満塁から巨人・若林晃弘が放った打球は、レフト・アルモンテへ。レフトライナーでチェンジかと思われたが、判断が中途半端となり打球を後ろへ逸らしてしまい三人の走者の生還を許してしまった。記録は若林の三塁打となった。

 この守備に井上氏は「前進して捕れるでしょうという当たりでしたけど、ボールを処理するまで、前進するまでにアルモンテは躊躇しましたよね。捕れないかもしれない、届くかと葛藤があったと思うんですよね。それが最終的に捕りにいったんですけど、グローブが届かなかったという感じですね」と解説した。

 「満塁ということを考えれば、捕れなかったとしても、体で後ろにいかせないような形を作って欲しかった」と話していた。

(提供:東海ラジオ ガッツナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM