ニュース

中日・柳、4戦連続白星なし…井端氏「状態が悪いわけではない」

無断転載禁止
中日・柳裕也
2019.08.08 18:00
中日ドラゴンズ 3 終了 3 読売ジャイアンツ
ナゴヤドーム
中日 - 巨人
<16回戦・ナゴヤドーム>

 シーズン10勝に王手をかけながら3戦連続白星がなかった中日の柳裕也は、6回を3失点に抑えたが、今日も白星を手にすることができなかった。

 0-0の4回一死走者なしから丸佳浩に四球を与えると、4番・岡本和真に2ランを浴びた。続く5回も二死二塁で、3ボール2ストライクから亀井善行に左中間へ適時二塁打を許した。結局、この日の柳は、6回を4安打3失点という投球内容だった。

 東海ラジオの制作で、ニッポン放送ショウアップナイターでも放送されている中日-巨人戦で解説を務めた井端弘和氏は、柳の投球に「今日でいったら亀井選手のタイムリーですよね。あそこが勿体なかったかなと。あそこを粘って四球でもというくらいで投げて欲しかったですけど、あまりに不用意でしたよね。追い込んでから際どいところに我慢して投げていたんですけど、3ボール2ストライクになったところで甘いところに投げてしまった」と振り返った。

 これで10勝に王手をかけてから4戦連続で白星なしとなったが、井端氏は「ランナーを置いて、クリーンナップのところでホームランされるということは、真ん中付近にボールが集まっているのかなと思います。意識してどういう風に打ち取るか、次回以降やってもらえれば、そんなに状態が悪いわけではないので、勝てると思いますね」と話していた。

(提供:東海ラジオ ガッツナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM