ニュース

首位・巨人、引き分け 2失点の中川に井端氏「打たれる時もある」

無断転載禁止
巨人・中川皓太
2019.08.08 18:00
中日ドラゴンズ 3 終了 3 読売ジャイアンツ
ナゴヤドーム
中日 3 - 3 巨人
<17回戦・ナゴヤドーム>

 首位・巨人と5位・中日の一戦は、3-3で引き分けた。

 巨人は4回に岡本和真の2ランで先制すると、5回に亀井善行の適時二塁打で追加点を挙げる。先発・菅野智之は6回にアルモンテの適時打で1点を失ったが、7回を1失点と試合を作った。

 しかし、3-1の8回から登板した巨人・中川皓太が誤算だった。二死一、三塁からアルモンテにフェンス直撃の2点適時二塁打で同点に追いつかれた。

 試合は9回で決着がつかず延長戦へ。延長戦に入ってからも両チーム得点を奪うことができず3-3で引き分けた。

 東海ラジオの制作で、ニッポン放送ショウアップナイターでも放送された中日-巨人戦で解説を務めた井端弘和氏は、「ジャイアンツ側は引き分けでもいいかなという感じはあると思います」と話し、失点した中川については「ここまで非常に頑張ってきていますので、打たれる時もあると思います。1年間通して見たら非常に頑張っていると思います」と語っていた。

(提供:東海ラジオ ガッツナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM