ニュース

井端氏が指摘した巨人のセカンド・若林のポジショニング

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める井端弘和氏
2019.08.08 18:00
中日ドラゴンズ 3 終了 3 読売ジャイアンツ
ナゴヤドーム
中日 3 - 3 巨人
<17回戦・ナゴヤドーム>

 東海ラジオの制作で、ニッポン放送ショウアップナイターでも放送された中日-巨人戦で解説を務めた井端弘和氏が8日、巨人のセカンド・若林晃弘の守備位置について言及した。

 井端氏が言及した場面は、初回・アルモンテにセカンドベース右横にヒットを許した守備。井端氏は「キャッチャーのサインを見ていれば、外のツーシーム系の球で逃げていくので、引っ掛けて一、二塁間にいくことはない。どちらかというとセカンド寄りのボテボテがくるというところで、若干守備位置を変動しないといけない。スライダー系で入ってくるボールなら、一、二塁間であの位置でいいと思うんですけどね」と指摘した。

 さらに井端氏は、3-1の8回二死二塁から大島洋平に二塁内野安打としてしまった若林の守備に「シュートボールだったと思うんですけど、一、二塁間に寄りすぎですよね。左バッターだからといって一、二塁間に寄る必要はない。あそこはサインがスライダーであれば、引っ掛けて一、二塁間ということは考えられるんですけど、大島選手の特徴は追い込まれたら反対方向。イメージするのであれば、ピッチャーの足元とか頭の上を超える打球なので、そこはまだ勉強不足かなというのはありますよね」と話していた。

(提供:東海ラジオ ガッツナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM