ニュース

巨人・原監督、小林のリードに「勝つチームをつくるというのが…」

無断転載禁止
巨人・小林誠司(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.08.11 14:00
読売ジャイアンツ 7 終了 1 東京ヤクルトスワローズ
東京ドーム
○ 巨人 7 - 1 ヤクルト ●
<20回戦・東京ドーム>

 巨人の原辰徳監督が試合後、スタメンマスクを被った小林誠司について言及した。

 2試合連続でスタメン出場した小林は、5月6日のDeNA戦で白星を挙げてから約3ヶ月白星のなかった先発・高橋優貴を6回4安打1失点に抑える好リード。

 原監督は、小林のリードについて「このところ、いいリードというか、チーム全体の『勝つ』という、そこに対しての舵取りというか。ただ単にいいリードするというのがキャッチャーではない。勝つチームをつくるというのがキャッチャーの一番の役割ですから。そういう意味で一歩ずつ、何か違った形で小林という野球人が少しずつ大きくなっていっている感じがする」と評価した。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM