ニュース

広島・松山、先制の適時二塁打!横山氏「ナイスバッティング」

無断転載禁止
広島・松山=マツダスタジアム(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.08.13 18:00
広島東洋カープ 2 終了 1 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム
広島 - 巨人
<19回戦・マツダ>

 広島の松山竜平が2回、先制の適時二塁打を放った。

 0-0の2回、先頭の鈴木誠也がセンター前ヒットで出塁すると、続く松山が巨人の先発・メルセデスのストレートをセンターへ弾き返す二塁打を放ち、一塁走者の鈴木が生還した。

 RCCラジオの制作でニッポン放送で放送されている広島-巨人戦で解説を務める横山竜士氏は、松山の適時二塁打に「ナイスバッティングですね。ストレートですけど、振りまけることなく、しっかり打つべきボールを捉えることができましたよね」と振り返った。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM