ニュース

夏の甲子園・15日の試合は台風の影響で中止…その後の日程も1日ずつ順延、決勝は22日に

無断転載禁止
今年も日々熱戦が繰り広げられている夏の甲子園

台風接近で「早めの決断」


 「第101回全国高等学校野球選手権大会」の大会本部は14日、台風10号の接近に伴う悪天候が予想されることから、あす15日(木)に予定されていた3回戦・4試合の中止を決断。あさって・16日(金)に順延することを発表した。

 大会本部は「選手や関係者の安全、応援団の移動などを考慮して早めの判断となりました」と説明。休養日を含めたその後の予定も1日ずつ順延となり、決勝戦は22日(木)となる。

 なお、台風による試合中止・順延は2017年の第99回大会以来で2年ぶりのこと。今後の日程は以下の通り。


夏の甲子園2019・今後の日程


▼ 8月16日(金)
第1試合:岡山学芸館(岡山) - 作新学院(栃木)
第2試合:東海大相模(神奈川) - 中京学院大中京(岐阜)
第3試合:明石商(兵庫) - 宇部鴻城(山口)
第4試合:海星(長崎) - 八戸学院光星(青森)

▼ 8月17日(土)
第1試合:高岡商(富山) - 履正社(大阪)
第2試合:星稜(石川) - 智弁和歌山(和歌山)
第3試合:敦賀気比(福井) - 仙台育英(宮城)  
第4試合:未定 - 未定
 
▼ 8月18日(日)=準々決勝  
第1試合:未定 - 未定
第2試合:未定 - 未定
第3試合:未定 - 未定
第4試合:未定 - 未定

▼ 8月20日(火)=準決勝
第1試合:未定 - 未定
第2試合:未定 - 未定

▼ 8月22日(木)=決勝
第1試合:未定 - 未定

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西