ニュース

日本ハム吉田輝星、3回途中6失点KO…ロッテ打線に3被弾で防御率10.80

無断転載禁止
日本ハム・吉田輝星
2019.08.14 18:00
北海道日本ハムファイターズ 4 終了 9 千葉ロッテマリーンズ
東京ドーム

3回5失点だった中日戦に続き、2戦連続のKO


 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手が14日、ロッテとの19回戦(東京ドーム)でプロ3度目となる先発登板。ロッテの荻野貴司外野手に2打席連続本塁打を浴びるなど、3回途中6失点で降板した。

 吉田輝は初回、先頭の1番・荻野にフルカウントからの直球を左翼席へ運ばれた。先頭打者被弾でいきなり先制点を許すと、2番・マーティンに四球を与えたあと、3番・鈴木にも右翼席へ飛び込む2ランを浴びた。

 切り替えたいドラ1右腕だったが、2回も二死一塁から、荻野に2打席連続となる被弾。甘く入ったスライダーを左翼席へ運ばれた。3回も先頭の鈴木に中前打を浴び、吉田輝はここで降板。代わった加藤も失点を重ね、吉田は2回0/3、3被弾含む5安打4奪三振6失点の内容で、防御率は10.80となった。

 吉田輝はプロ初登板初先発だった6月12日の広島戦(札幌ドーム)で、5回4安打1失点と好投しプロ初勝利をマーク。2戦目となった6月23日の中日戦(ナゴヤドーム)では3回5失点と崩れ、プロ初黒星を喫していた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西