ニュース

江本氏、阪神打線に「改善しないとね」

無断転載禁止
8回阪神1死一、三塁、大山が三ゴロ併殺に倒れる。一塁手岡本=東京ドーム(C)Kyodo News
2019.08.16 18:00
読売ジャイアンツ 2 終了 1 阪神タイガース
東京ドーム
○ 巨人 2 - 1 阪神 ●
<17回戦・東京ドーム>

 阪神は毎回のように走者を出すも、あと一本が出ず1-2で敗れた。

 初回一死満塁からソラーテの犠飛で幸先よく先制する。しかし、16日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「チャンスに1点を取ったのは良かったですけど、逆に1点しか取れないから得点が少ないんですよ。この辺をタイガースの打線は改善しないとね。打線的には苦しいところですよね」とチクリ。

 阪神は1-2の5回一死一、二塁の好機もマルテが併殺打、8回は無死一、二塁の場面もソラーテが二ゴロ、大山が三併打に倒れ無得点に終わった。9回も得点圏に走者を進めるも、得点することができなかった。

 江本氏は阪神の打線について「糸井、福留に頼っている打線は変わっていない。ただ今年は1番の近本にしても実績を残して、使えるというのが十分にわかったわけですから、これからどれだけ打線を組み立てるかですよね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM