ニュース

巨人・原監督、ゲレーロの犠打は「サインですね」

無断転載禁止
6回巨人無死一、二塁、ゲレーロが捕前に送りバントを決める=東京ドーム(C)Kyodo News
2019.08.17 14:00
読売ジャイアンツ 4 終了 2 阪神タイガース
東京ドーム
○ 巨人 4 - 2 阪神 ●
<18回戦・東京ドーム>

 巨人のゲレーロが来日3年目で、初の犠打を決めた。

 ゲレーロは1-0の6回無死一、二塁の場面で、阪神の先発・西勇輝が投じた初球のチェンジアップをしっかりと転がし、二塁走者・岡本和真、一塁走者・阿部慎之助を進めた。来日3年目で初めて犠打を決めたゲレーロは「バントは初めてだね!!チームが勝つ為に、いいバントが決めれて良かった」と喜んだ。

 この犠打に原監督は「バントはサインですね」と話し、「しっかりと素晴らしい役割としてやってくれましたよね」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM