ニュース

田尾氏、燕・村上の一発に「すごいスイング」

無断転載禁止
ヤクルト・村上=神宮(C)Kyodo News
2019.08.17 18:00
東京ヤクルトスワローズ 7 終了 5 中日ドラゴンズ
神宮
○ ヤクルト 7 - 5 中日 ●
<19回戦・神宮>

 ヤクルトの村上宗隆が、プロ入り初となる2打席連続本塁打を放った。

 4-4の4回で迎えた第2打席、中日の先発・柳裕也が投じた高めのストレートを振り抜くと、打球はスワローズファンの待つライトスタンドへ飛び込む第27号ソロとなった。

 この本塁打に17日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-中日戦』で解説を務めた田尾安志氏は「すごいスイングでした。1ストライク取ったあと、キャッチャーがインハイ、ボールゾーンに構えたんですよ。ほとんどそこに来たんですよ。それを目にも見えない速さで振った。すごいヘッドスピードでしたね」と興奮気味に話した。

 「柳からしたら『えっ!』って感じでしょう。狙ったところにいったのに。村上はやっぱりすごいよというホームランでしたね」と村上の本塁打に驚いた様子だった。

 さらに、村上は続く6回の第3打席も、柳のストレートをライトへ放り込んだ。これで村上の本塁打の数は28本となった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM