ニュース

田尾氏、燕・広岡に苦言「もう少し狙い球を…」

無断転載禁止
ヤクルト・広岡(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.08.17 18:00
東京ヤクルトスワローズ 7 終了 5 中日ドラゴンズ
神宮
○ ヤクルト 7 - 5 中日 ●
<19回戦・神宮>

 17日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-中日戦』で解説を務めた田尾安志氏が、ヤクルトの広岡大志に苦言を呈した。

 広岡は、1-2の2回一死二、三塁の場面で打席が回ってくると、中日の先発・柳裕也が投じた2球をしっかり見逃し2ボール0ストライクとする。2ボールからの3球目、低めの変化球を空振りすると、田尾氏は「今の広岡の空振り、2ボールから完全の低めのボール球を振りにいって空振りなんですよ。この辺りがたぶんヤクルトベンチから見ていると、『何考えて振っているの?』と言いたくなるところなんですよね」と指摘した。

 「もう少し狙い球を絞る、ストライクボールをしっかり見極めて振る。そういうことができないと本当のレギュラーになれないですよね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM