ニュース

川相氏、中日・阿部の守備に「タッチの仕方が…」

無断転載禁止
5回ヤクルト1死一塁、打者バレンティンのとき山田哲(右)が二盗。二塁手阿部=神宮(C)Kyodo News
2019.08.18 18:00
東京ヤクルトスワローズ 3 終了 2 中日ドラゴンズ
神宮
○ ヤクルト 3 - 2 中日 ●
<20回戦・神宮>

 18日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-中日戦』で解説を務めた川相昌弘氏が、5回にヤクルト・山田哲人が二盗したときに、ベースカバーに入った中日の二塁・阿部寿樹のプレーについて指摘した。

 山田は5回の第3打席、レフト前ヒットで出塁すると、続くバレンティンの初球に山田は二盗。キャッチャー・木下拓哉からの素晴らしい送球がいったが、間一髪間に合わずセーフとなった。

 このプレーに川相氏は「キャッチャーが投げたボールが非常に良かった。細かいところは見えなかったですけど、セカンドのタッチの仕方が、若干前で捕っているんですよ」と指摘。

 「ボールはベースの上にきているので、いいボールが来た時というのは、ベースに近いところで捕らないとセーフになってしまう。ベースカバーは阿部でしたけど、前から捕ってタッチしているから追いタッチのような形になって、セーフになったんですね。ベースの上で待って、そのままタッチしていたらアウトだったと思います」と解説した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM