ニュース

川相氏、中日・京田の8回の併殺に「ちょっと中途半端」

無断転載禁止
中日・京田陽太
2019.08.18 18:00
東京ヤクルトスワローズ 3 終了 2 中日ドラゴンズ
神宮
○ ヤクルト 3 - 2 中日 ●
<20回戦・神宮>

 18日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-中日』で解説を務めた川相昌弘氏が、中日・京田陽太の8回の打席について言及した。

 京田は0-2の8回一死一塁で迎えた第3打席、ヤクルトの先発・ブキャナンに対し3ボール2ストライクとする。ここで川相氏は「この1球は今日の試合の流れの中でも、大きい1球になる可能性がありますね。(カウント)3-2で京田がどんなバッティングをするか」とコメント。

 直後の6球目、京田はブキャナンの変化球を捉えるも、結果は最悪のセカンドゴロダブルプレー。この打撃に川相氏は「う〜ん、ちょっと中途半端なバッティングでしたね」とコメント。

 「詰まるなら思いっきり詰まって、三遊間の方に打つか、もしくは割り切って絶対ストライクに投げてくるかということで、一、二塁間に思い切って引っ張るか。おそらくランナーが走っていなかったと思うので、そうなるとランエンドヒットではなかった。任されたということですね。それだったら、割り切ってバットを振った方がいいですね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM