ニュース

田中将大は6回5失点で7敗目…日本人初の6年連続2ケタ勝利はお預け

無断転載禁止
○ アスレチックス 5 - 2 ヤンキース ●
<現地時間8月22日 オークランド・コロシアム>

 ヤンキースの田中将大投手が22日(日本時間23日)、敵地でのアスレチックス戦に先発。日本人初の6年連続2桁勝利に王手をかけて臨んだ一戦は、味方の拙い守備もあり6回5失点で降板、今季7敗目(9勝)を喫した。

 田中は初回、先頭のセミエンにいきなり二塁打を浴びると、2番・グロスマン、3番・チャップマンに連続四球で無死満塁のピンチ。4番・オルソンは遊ゴロに打ち取ったが、その間に三塁走者が生還して先取点を与えてしまった。なおも一死一三塁、ここでワイルドピッチが出て二三塁となり、5番・キャンハの単打で2者が生還した。

 2回は三者凡退で終えたものの、3回裏には、記録に残らない守備のミスも3つ重なり、失点を重ねてしまう。

 3回先頭のグロスマンの打球が左中間に高々と上がると、フェンス際のボールを左翼手と中堅手がふたりで深い追いし、クッションボールが転々とする間に打者走者は三塁へ。続くチャップマンの適時打を挟み、オルソンの併殺打かと思われた打球を二塁手が処理しきれず、これが内野安打となって無死一二塁となった。その後、遊ゴロで二塁封殺とし、さらに遊ゴロが続き併殺という場面で、二塁手・トーレスが一塁へ悪送球。二塁封殺となったため、失策にはならず痛恨の5点目を献上してしまう。

 その後は走者を許しながらも粘り強い投球で無失点でしのぎ、田中は6回109球で降板。味方打線は7番・トーレスが2本の本塁打を放つなど、4安打2打点と孤軍奮闘したが、つながりを欠いて3-5で敗戦し、対アスレチックス戦は3連敗という結果になった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西